「歯が汚い人は損をする」、という言葉を聞いた事がありますが、私は「正しく」と思ってしまいました。ライザップ 千葉

人はふっと他人の顔を見ると、白い部分といえば白目と歯しかありません。ライザップ 池袋

そうなると、人は他人の目が 充血している事にもすぐに気が付くし、歯が白いのかどうかもすぐに見分けることが出来てしまいます。

言い換えれば、白い物は目立つという事です。

白い物の人間が感じるイメージは、清潔感や純粋のような視覚的イメージを擁しています。

そのイメージが歯の白さに反映しているので、中身がどうこうというのを関係なしに、歯が汚い人は損を してしまうという事です。

そうなると世間一般で言われている「内面を磨け」というのをある種背にして、「外見を磨け」というのも 大変大きな意味を持ってきます。

そこでお勧めするのが「ホワイトニング」です。

歯をしっかりと磨ける人には無用な品ですが、多忙な方などには薬剤で白くする方法が良いと思います。

歯の白さは心の白さとも言えるほど、外見も磨く時代ではないでしょうか。